ロッテは二回に田村の適時打で先制し、三回には清田の満塁本塁打などで5点を奪い差を広げた。佐々木は2年ぶりの登板で7回1失点と好投し2年ぶりの勝利を挙げた。日本ハムは中村が三回途中6失点と崩れ、連勝が...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ