阪神が打ち勝って勝率を5割に戻し、2位に浮上。3―3の四回に糸原の1号3ランで勝ち越し。五、六回にも効果的に加点し、終盤は継投で逃げ切った。2番手の島本が2勝目。広島は4年ぶりの7連敗(1分け挟む)...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ