ヤクルトは今季初の4連勝とした。三回に山田哲の21号ソロで同点とし、五回は石川のスクイズ(記録は犠打野選)と代打荒木の適時打で2点を奪った。石川は7回1失点で3勝目。中日は七、九回の好機をつぶし、4...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ