阪神が連敗を4で止めた。1―3の八回に糸井と大山の連続適時打で同点。延長十一回は先頭の近本の二塁打に失策が重なり、糸原の犠飛で勝ち越した。6番手の島本が今季初勝利。終盤に逸機が続いたDeNAは5連勝...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ