ロッテが接戦を制した。4―5と勝ち越された直後の九回2死無走者から3四球で満塁として清田の2点適時打で逆転した。九回を締めた益田が15セーブ目。楽天は抑えの松井を投入したが、逃げ切れず3連敗を喫した...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ