楽天が乱打戦を制し、交流戦2年ぶりの勝ち越しを決めた。8―9の七回に山下の2ランで逆転し、八回にブラッシュの適時打で加点。六回を抑えた青山が2勝目、松井が24セーブ目を挙げた。DeNAは投手陣が大き...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ