ロッテは一回に鈴木の適時打で先制し、三回にレアードの21号3ラン、五回に鈴木の2ラン、八回に鈴木の12号ソロなどで2点を加えた。救援陣が踏ん張り、六回を抑えた唐川が4勝目。ヤクルトは投打がかみ合わず...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ