オリックスは、3―4の九回1死一塁から吉田正の12号2ランで逆転した。八回を無失点とした3番手のエップラーが3勝目を挙げ、ディクソンが2セーブ目。広島はフランスアが小園の失策から乱れ、痛恨の一発を浴...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ