DeNAが接戦を制してサヨナラ勝ちした。2度のリードを追い付かれる苦しい展開だったが、6―6の九回1死二塁で大和が左中間を破る適時二塁打を放ち、試合を決めた。日本ハムは投手陣が踏ん張り切れず4連敗を...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ