阪神が5点差を追い付き、延長十二回引き分け。七回に大山の二塁打などで3点返し、九回2死から代打福留が2点二塁打を放った。延長に入ってドリスらがピンチをしのいだ。田嶋の快投も絡んで先行したオリックスは...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ