西武が大勝した。一回に山川の適時打など5連打で3点を先制。四回は中村の満塁本塁打など打者一巡の猛攻で8点を奪った。高橋光は1失点で3年ぶりの完投を飾り7勝目を挙げた。ヤクルトはブキャナンが5回11失...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ