日本ハムが粘って引き分けに持ち込み、首位に浮上した。延長十回に2―1と勝ち越されたが、その裏に王柏融の適時二塁打で追い付いた。広島は延長十回に無死満塁と攻めながら、押し出し四球の1点にとどまった。...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ