阪神は梅野が0―1の四回に2ラン、六回は2点適時打を放ち、4打点の活躍。七回は原口の適時打などで2点を加え、八回は植田のプロ1号2ランで突き放した。青柳は7回2失点で自己最多5勝目。ソフトバンクは3...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ