延長十二回の末に引き分けた。ソフトバンクは1―2の九回に今宮の適時打で追い付いた。十回以降は両チームとも救援陣が踏ん張った。阪神は四回に2点を先取したが、好投のメッセンジャーがあと一歩踏ん張れなかっ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ