ヤクルトが快勝した。3―3の六回に村上の16号2ランと青木の2点適時打で4点を勝ち越すと八回には中山の2点適時打で突き放した。2番手の近藤が2勝目を挙げた。オリックスは打線が粘ったが、4番手の小林が...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ