巨人は0―2の四回に若林のプロ初本塁打の2ランで追い付き、五回に岡本、大城の連続適時打で2点を勝ち越した。メルセデスが六回途中2失点で5勝目。中川が九回を1点でしのいだ。ロッテは再三の好機を生かし切...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ