阪神が延長戦を制した。3―3の十回、糸井が右前に勝ち越し打を放った。ドリスが九回2死から同点打を浴びても反発力を見せ、5番手の島本がプロ初セーブ。ロッテは九回に清田の右前打で追い付いたが、十回に益田...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ