日本ハムは一回に王柏融の適時打で先制し、三回は清宮、四回は大田の適時打でリードを広げた。加藤は5回1失点で3勝目。継投も決まり、秋吉が11セーブ目。ヤクルトは投打がかみ合わず、小川が6回3失点で8敗...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ