米大リーグのドラフト会議で上位指名候補に挙がりながら、異例の日本球界入りを選択したソフトバンクのカーター・スチュワート投手(19)が5日、福岡県筑後市のファーム施設で初めて練習し、約30メートルのキ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ