阪神が逃げ切り、広島戦の連敗を6で止めた。二回に梅野のソロなど打者12人で8長短打を集め、7点を先取。先発のガルシアが2勝目を挙げた。六回は守屋が好救援。広島はアドゥワが乱調で連勝が5でストップ。...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ