ヤクルトが連敗を16で止めた。一回に大引の3点二塁打で先制し、二回に塩見の適時三塁打、三回にバレンティンの13号ソロで加点した。原は七回途中5安打1失点で3勝目。DeNAは浜口が1回3失点と崩れ、連...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ