ロッテがサヨナラ勝ちで連敗を4で止めた。6―7の七回に中村奨の適時打で追い付き、延長十回2死一、二塁で鈴木が左中間を破る安打で試合を決めた。唐川が3勝目。西武は序盤から優勢に試合を進めたが、逃げ切れ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ