ソフトバンクが競り勝った。六回に2ランを放ったデスパイネが4―4の八回に勝ち越し適時打をマークした。3番手の武田が3勝目を挙げ、森が13セーブ目。オリックスは六回に2点差を追い付き粘ったが、11残塁...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ