広島が両リーグ一番乗りで30勝に到達した。2―3の五回に鈴木の適時二塁打と西川の2点適時内野安打でひっくり返した。大瀬良は7回3失点でリーグトップタイの5勝目。ヤクルトは一回の村上の3ランのみで打線...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ