楽天は逆転勝ちで首位に立った。0―2の七回にブラッシュの3ランや島内の本盗などで5点。八回はブラッシュの15号2ランで突き放した。塩見は制球がさえ、7回2失点で2勝目。西武は好投を続けていた今井が七...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ