阪神が接戦を制した。1―1の七回、2死三塁から糸井が中前に勝ち越し打。続く大山の左前打が失策を誘い、糸井が一気に生還した。藤川が2勝目で、ドリスは3年連続の2桁セーブ到達。ヤクルトは九回の反撃も及ば...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ