阪神が連敗を3で止めた。青柳は走者を出しても冷静で、低めに集めて6回1失点で4勝目。打線は1―1の四回に梅野の左翼線二塁打と木浪の右前打で2点を勝ち越した。4併殺の拙攻だったヤクルトは6連敗で勝率5...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ