広島が延長十回、サヨナラ勝ちで4連勝。3―7の九回に鈴木の適時打と磯村の2点打、小窪の押し出し四球で追い付き、十回に鈴木が2ランを放った。中崎が2勝目。ヤクルトは九回、梅野が拙守から崩れ、最後は中尾...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ