ヤクルトは0―1の三回に山崎の適時三塁打、雄平の適時二塁打、川端の適時打で3点を奪い逆転し、九回に太田の適時打で加点した。高梨が5回1失点で4勝目。九回は梅野が締めた。巨人は10残塁の拙攻で犠飛の1...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ