ソフトバンクが連敗を3で止めた。千賀は7四球と荒れたが、6回2失点で無傷の4連勝。0―1の一回に今宮、デスパイネの連続本塁打で逆転し、八回は松田宣のソロで加点した。ロッテは13残塁と好機を逸し、連勝...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ