中日は11日、不整脈の症状が出ていた笠原祥太郎投手が10日に名古屋市内の病院で精密検査を受け「発作性上室性頻拍」と診断されてカテーテルを用いた治療をしたと発表した。現在は入院中で13日に退院予定。試...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ