日本ハムは4―5とされた六回に渡辺の3号2ランで逆転した。上沢が6回5失点と苦しみながらも約1カ月ぶりの3勝目を挙げた。西武は中村の満塁本塁打で一時は逆転したが、多和田が六回途中まで6失点と乱調で今...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ