オリックスが接戦を制して連敗を4で止めた。三回に大城の3号2ランで先制。先発した山本は直球に球威があり、7回1失点で2勝目を挙げ、増井が9セーブ目。日本ハムは打線がつながらず1点を奪うのが精いっぱい...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ