阪神が接戦を制した。0―1の四回に連打で攻め立て、梅野の遊ゴロで追い付き、木浪の右前打で勝ち越した。九回はミスに乗じて加点。秋山が六回途中1失点で継投も決まって2勝目。ヤクルトは6回2失点の原を援護...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ