中日の大野雄が散発3安打に抑え、2シーズンぶりの完封で3勝目を挙げた。球が走り、緩急も生かして13三振を奪取。打線は二回に高橋の適時二塁打で先制し、三回は4長短打を集中して4点を加えた。広島は連勝が...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ