ヤクルトが逃げ切った。一回に山崎の適時打と雄平の犠飛で2点先取し、四回は村上が2点本塁打。ブキャナンが六回途中2失点で今季初勝利、梅野がプロ初セーブを挙げた。阪神は青柳が自らの悪送球から崩れ、3連勝...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ