中日が連敗を4で止めた。一回に大島の適時打で先制。4盗塁を絡めた攻めが光り、五回まで毎回得点。阿知羅は5回2失点でプロ初勝利、鈴木博がリーグ最多の10セーブ目。ヤクルトは四死球を足場に反撃したが、一...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ