オリックスは山岡が8回を6安打1失点と好投し、開幕3連勝とした。一回に吉田正の左前打で先制し、7番大城が2本のタイムリーを放って加点。ロッテは走塁ミスで好機を逸し、八回の角中の適時三塁打による1点の...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ