楽天が快勝し、連敗を5で止めた。二回、ブラッシュとオコエの適時打で3点を先制。三回に2点、七回には4点を追加した。辛島が6回無失点で3勝目。ソフトバンクは二回、先発の武田が危険球退場。救援陣が打ち込...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ