ヤクルトが乱打戦を制して3連勝とした。7―8の六回にバレンティンのソロで追い付き、延長十回に代打荒木の適時二塁打で勝ち越した。4番手の五十嵐が5勝目。DeNAは0―7から一時は逆転に成功したが、逃げ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ