中日は1点を失った直後の二回、福田の3ランで逆転し、最後までリードを守り切った。大野雄が尻上がりに調子を上げ、7回1失点。八回をロドリゲス、九回を鈴木博が抑えた。巨人は一回の1点だけで、投手陣を援護...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ