ヤクルトは2―3の四回に村上の6号ソロで追い付き、五回に代打荒木の適時打で1点を勝ち越した。五十嵐が五回から2番手で登板して2回を完璧に抑えて4勝目。広島は2度リードしながら投手陣が10四球と乱調で...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ