オリックスが連敗を3で止めた。2―3の五回に福田の適時二塁打で追い付き、八回に吉田正の6号2ランで勝ち越した。2番手の沢田が今季初勝利、増井が7セーブ目。西武はリードを守れず、連勝が4で止まった。...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ