ヤクルトが4本塁打で挙げた4点で逃げ切った。二回に荒木のソロで先制。三回には青木とバレンティン、五回には山田哲がソロを放ち得点を重ねた。高梨が6回無失点で2勝目を挙げ、石山が5セーブ目。広島は連勝が...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ