巨人が競り勝った。二回に山本の中前打で1点を先制。四回には大城と山本の連続適時打などで4点を加えた。メルセデスは七回途中2失点で3勝目、野上が3年ぶりのセーブを挙げた。DeNAは井納が粘れず、拙守も...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ