ヤクルトが連敗を3で止めた。三回に青木、山田哲、バレンティンの3者連続本塁打と村上の適時打で5点を先制し、その後も着実に加点。スアレスは6回無失点で来日初勝利。巨人は菅野が四回途中7失点と崩れ連勝が...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ