阪神が逃げ切った。三回に糸井の中前打で先制し、2―1の九回は代打陽川が一発。今季初登板先発の才木が六回途中1失点と好投し、継投も決まった。DeNAは大貫が6回を2点に抑えたが、打線が振るわず、4季ぶ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ