中日が逃げ切った。一回にビシエドの2点適時打で先制し、二回はビシエドらの3適時打で3点。その後も加点した。7投手で継投し、2番手の佐藤が今季初勝利。鈴木博が7セーブ目。ヤクルトは反撃が届かず、2位に...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ