ヤクルトは3―3の九回2死満塁から、雄平の2点左前打で勝ち越した。八回のピンチをしのいだ五十嵐が3勝目で、九回を締めた石山が4セーブ目。八回に同点とした中日は鈴木博が崩れ、連勝が3で止まって3位に後...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ