オリックスは一回に吉田正の3戦連発となる5号ソロで先制し、四回まで毎回得点して主導権を握った。3年目の榊原が走者を出しながらも要所を締めて6回1失点でプロ初勝利。日本ハムはロドリゲスが4回4失点と誤...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ